ニキビは美容外科で改善【ツルリと艶やかなお肌は実現可能】

自分での対処には限界が

目を閉じる女の人

原因は多種多様

ニキビには赤ニキビや白ニキビなどいくつかのタイプがあります。そうしたニキビはタイプによって原因もいろいろなので、治りにくい場合や何度もぶり返してしまうような場合には、美容整形クリニックで治療を受ける方がスムーズに治すことができます。単に毛穴に皮脂が詰まっているだけで、しかも初期の状態であれば、わざわざ整形施術に頼らなくても、自分でピーリングキットなどを使って、皮脂詰まりを取り除くこともできないわけではありません。しかし原因は単純な皮脂詰まりだけとは限らないのです。たとえば生理の前になるとニキビができやすいという人がいますが、そうした人の場合は女性ホルモンの変化が原因となって皮膚にまで影響が出ているのです。また、人によっては花粉や大気汚染物質などがきっかけとなることもあります。血行のよくない冷え性の人も、肌のターンオーバーが遅れがちになることから毛穴に老廃物が溜まりやすく、ニキビができやすいことがあります。腸が強くなくてお腹の調子が乱れがちな人の場合も、腸の機能の衰えにより免疫力が低下するためアクネ菌などの菌が活発に活動しやすくなってニキビができます。このように多種多様な原因があるため、対策のプロである美容整形クリニックに頼るのが最善の方法といえるでしょう。

しこりになったときは

ニキビは繰り返しできやすいものです。というのも肌質が根本的に変わらない限り、ひとつのニキビが治ってもまた新しいニキビができるといったことが繰り返して起こりやすいためです。ニキビが頻繁にできると、それだけ跡が残る可能性も高くなります。ニキビができている最中は気にしていても、治ったニキビのことは忘れたりしているうちに、ふと気づくとあざのような赤黒い色の跡が残っている場合があります。また、最近よく聞かれるのがしこりニキビというものです。ニキビの炎症が肌の奥の部分にまで届いていると、真皮層にまでその影響が及んでしまいます。真皮層では通常ターンオーバーが行われコラーゲンが生成されていますが、炎症が繰り返されるとターンオーバーの仕組みに混乱が生じて、コラーゲンが炎症の跡の部分にだけ過剰に生成されてしまうのです。過剰に作られたコラーゲンはやがてこわばったしこりとなって残ります。こうなってしまうと自分で薬などを塗っても改善することは難しいので、美容整形クリニックに相談した方がいいでしょう。サリチル酸を使って自分で取ろうとすると余計に跡が残ることもあるので、早めに美容整形によって治してもらうことをおすすめします。